コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #10 「それぞれの、掌の中の灯が照らすものは。」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。毎回ニセコイ見ながら思うこと。なんで春ちゃんはやることなすこと、絶妙にうざく感じられるのか。とりあえず、腹パンは基本。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


いろは:「先輩のせいですから、責任とってくださいね」
 今回の話は、クリスマス編のクライマックス&新展開への前振りを描いた話。どこまでやるのか分かりませんが、クリスマス編で締めるかと思ったら違うのか…。

 前回ラストにて、見事に失恋したいろはす。あの後、結局八幡たち奉仕部3人でフォローに回って、三人で一緒に帰ることに。ただ、一番最後まで彼女に付き添ったのは八幡だけで、そのタイミングを見計らってか、彼女がなぜ葉山に告白なんて真似をしたのか、その理由を告げます。以前、八幡がゆきのんたちの前で本音を口にした際、タイミングよく部室前にいろはすがいたのはタイミング良すぎじゃねとは思いましたが、どうもその際にちゃっかり聞かれてたらしいと。つまり、いろはすが動いたのは、八幡の言葉を聞いて、自分も求めたくなったため。それでも、完全に弱い自分を曝け出すでもなく、程よくデレ切ってない告白拒否のくだりを口にできるあたり、やっぱり彼女は強いですわ。といいますか、八幡の恥ずかしい想いがどんどん蓄積しとるし、ただでスルーしてくれないのね、この世界だと。
 ともあれ、本来の目的に立ち返って、今度はクリスマス会の出し物についての話。結論から言えば、現状の最大の問題は、誰もが責任逃れをしたいがために、意見を推し進める責任者が不在であること。つまり、はっきりとした意見を提示して、彼らを論破できれば一応解決と。もっとも、玉縄ほか、意識高い系の人たちがそうそう引かないわけで、いろはすが一人奮闘しても中々苦戦。なので、最後はやはりゆきのんが決めてくれました。この展開、待ってた!!

 結局、クリスマスイベント自体はいろはすが提案した演劇と、かねてから意見から出てた音楽、それを二部構成にして別々にやろうということで決定。準備期間がほとんどないので、その分グレードダウンはしてますけど、全部やろうとして共倒れよりはずっとマシで、とりあえず成功と言っていい結果に落ち着きました。ぼっちだったルミも何だかんだで表舞台に引っ張り出せましたし、懸念事項だったいろはすの生徒会長としての器量も少しだけ見せつけられ、決して悪くはない展開でした。あと、八幡たちの関係もすっかり元通りっていいのかは分かりませんが、部室でお茶を酌み交わせる程度には改善。ついでに、結衣とゆきのんからのクリスマスプレゼントを八幡が受け取るというサプライズもあって、たまらん!!

 そして、そこからいくらか時は流れ、一気に年明けまでジャンプ。八幡は小町と結衣と三人で初もうでですか。2期だとあまり強調されてませんが、そういえば小町と結衣は無駄に気が合う設定忘れてました。しかも、小町は八幡と結衣をくっつける満々と言うw
 で、その話は一旦置いとくとして、後日ゆきのんの誕生日プレゼントを買うべく、二人で買い物に行くことに。すると、そこで運悪く出くわしたのが、陽乃さんと葉山。親同士が知り合い同士なので、この二人のツーショット自体は特に不思議ではないものの、問題は陽乃さんが八幡を見ると、どうしても構いたくなる性分であること。あれよあれよと言ううちに、この場に来るはずのなかったゆきのんも召喚され、さらに明らかに会うのを避けてた母親との邂逅へと繋がります。結構意味深な描写が気になりましたけど、もしかして葉山とゆきのんって…。


 と言った感じで、第10話。まさかAパートでここ数話分続いていた顛末のオチをつけてくるとは思いませんでしたけど、やっぱり尺の都合が関係してるのではないかと勘繰りたくなる巻きっぷり。詳細に描けとまでは言いませんが、前振りの長さに対して本番がこの長さと言うのは、ちょっと…。
 そして、最後に出てきた雪ノ下母、声が17歳なだけあって、ものすごいラスボス感。問題は、これでちゃんと決着つくところまで描かれるのか。ここに来て、一気に尺的な不安が漂ってきた。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。