コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

四月は君の嘘 #17 「トワイライト」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。ここ一年くらい、こちらでの更新が不定期気味になっていますが、ぼちぼち更新頻度を上げようかなって考え中。まあ、やるとしても、今までと別ジャンルになるかもしれませんが。この辺りの話は、いざ試してみてからのお楽しみと言うことで。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


かをり:「忘れちゃえばいいんだよリセットボタン押すみたいにぽちぽちっと」
 今回の話は、公生の決意と凪の想いを描いた話。ここのところちょいちょい言ってますけど、本当尺が不安になってきますね。あと5話でどこまで原作通り行けるか、はたまた分岐するのか。

 前回ラストのかをりのセリフ、あれはこないだ言った通り「いちご同盟」のセリフを引用したもので、かをりのオリジナルではなし。ただ、オリジナルでなくとも、彼女の本心も近いものがあって、そんな話を聞かされたら、公生も気にせざるをないわけで。心ここに非ず、かをりに会うのを避けるようになる、いつもに輪をかけてらしくなさが目立ちます。

 すると、当然周りも黙っておらず、凪だったり渡だったり、それぞれの立場で公生を気にかけ、彼を動かそうと言葉を掛けてきます。特に、渡に関しては本当イケメンすぎてやばかったです。今までの描写だと、ただのチャラ男に見えると言っても否定できなかったのに、やっぱりモテるやつは相応に理由があるんですね…。何事に対しても、誰よりも真摯に向き合い、素直に受け止める、何この完璧超人w
 それに対して、凪は完璧超人には程遠い、けど不安定で未完成なりの魅力が感じられました。今までの描写でもおおよそ察せられますが、凪がピアノを始めたのは兄:武士 を振り向かせたかったから、ピアノ自体に好きも嫌いもなかった。ですが、今回初めて本気でピアノに向き合おうとしたとき、ストレスと緊張で苦しむことになり、押しつぶされそうになりました。ただ、これは演奏家・表現者として越えなければならない壁の一つで、超えた先に報われる瞬間があるが故の苦しみ。確か、公生のコンクールのときも似たような話が出ましたが、彼女が苦しんでるのは真摯に向き合ってる証拠で、それが何でか分からないといわんばかりに困惑が隠せない彼女の姿が実に印象的でした。

 そして、話戻って、かをりの話。端的に言うと、身体の調子が思わしくなくて、ついに弓を持つのも叶わなくなったバイオリニストとしての自分に絶望している節が感じられました。ですけど、かつて彼女自身が語った言葉を否定するような弱音を吐いたところで、ついに公生がキレました。確かに、あそこまで弱音吐かれたら、らしくないってレベルじゃないでしょうし、公生が凹んでる場合じゃないというのはありますよね。なので、ここからが公生の逆襲ターン。渡と凪に頼んで、舞台設定と御膳立ては終了。あとは本番を迎えるのみ…やっぱり渡がイケメンじゃねえの!!


 と言った感じで、第17話。かをりの話がますます深刻になる中で、公生が立ち止まるのではなく一歩先を歩いて手を差し伸べるという流れになったのが、周りからの助けがありつつも彼の成長なのではないかという風に思いましたね。それでいて、彼の成長が少なからず周りにも影響を及ぼしていて、この塩梅が本当よく出来てます。
 ところで、ここに来て、渡がサポートキャラとして頭角を出してきたのは、やはり最初からわかってたということですかね。ピエロになると分かっていても、あえてピエロを演じる…なんだただのイケメンじゃないかw

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四月は君の嘘 第17話「トワイライト」

かをりちゃんルートと凪ちゃんルートの話が同時進行。 かをりちゃんルートは光が見えんなあ。 せめて凪ちゃんルートはいい感じになってほしい。 公生は三歩進んで五歩下がってる感じ。 いざというときは渡のほうがしっかりしてるのか。 相変わらずカラフルには程遠いストーリー。 思春期の心情はよく描けてるとは思うけど。 やっぱりメインヒロインポジのかをりちゃんに死亡フラグビンビンなのが全...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。