コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

四月は君の嘘 #12 「ティンクル リトルスター」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。とりあえず、無事日付変わる前に本文完成したものの、こっちは着実に遅れる罠。なんもかんも仕事が悪い。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使い下さい。↓


公生:「この曲は母さんの匂いがしすぎるんです」
 今回の話は、ガラコンを前に母親のことを想う公生の話。何か感想記事を書くのが久々すぎて、ちょっと書き方忘れかけてますが、何かおかしかったらすいません。

 ガラコンまであとわずか。相変わらず、かをりが選んできた楽曲に対して難色を示し続ける公生ですが、その理由がようやく描かれましたね。早い話が、彼女が選んできた「クライスラー:『愛の悲しみ』」という楽曲、それが公生にとって母親をどうしても想起させるもので、否が応にも集中力が乱されるものであるから。なお、事情は知らないまでも、かをりがこの楽曲を選んできたのは、公生の家で楽譜を見つけてピンと来たため。この子は本当にピンポイントでトラウマ抉ってくるなぁ…。
 そんなクライスラーの楽曲の練習を通し、公生が考えたのは、やはり母親のこと。結局、彼女の真意が分からないまま死に別れてしまったんですけど、だからと言ってそれが全てではないのもどこか勘付いていて、疑問を紘子さんにぶつけるというのが印象的でした。親代わりみたいな役回りを引き受けてますが、彼女でさえも完全回答できないというのがまあ、いろんなことを物語っているような。

 そして、かをりについて。毎度のことながら、理不尽に公生のことを振り回してると思ったら、依然として死の影がちらついてるというのが…。今回の場合だと、進路の話を聞いていた時のリアクション(「何も考えてない」という発言)が実にそれっぽい話で、ガラコン本番にいきなりドタキャンした件と合わせて本格的にやばそう。といいますか、ここまでの事態に陥って、公生は何をしでかすのやら。


 と言った感じで、第12話。OPEDも変わり、いよいよ物語も動き始めそうな気配が漂う中で、着実に公生の独り立ちが見えてきましたね。その手段がポジティブなのかネガティブなのかは定かじゃないですが、いつか来るその日が少しでも希望があらんことを!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四月は君の嘘 第12話「トゥインクル リトルスター」

せっかくいいムードになってきたのになあ。 また奈落の底展開… よりによって、当日に倒れたのか。 これ結局、かをりちゃんはもう表舞台に立たなそうですね。 メインはバイオリンなだけに、どうなるガラコン。 後半戦始まったばかりでこの展開は意表を突かれましたね。 公生は前向きに弾き続けることができるのか。 絃子さんいいプッシュしてくれてたのに、ここでまたブレーキが掛かるのは痛い。 ...

四月は君の嘘 第12話 「トゥインクル リトルスター」 感想

OPとEDが変更になりましたが、OPは前の方が良かったかな。 EDは……これ、かをりが死んじゃうってことじゃないの。 意味深な感じでしたよ。 主催者推薦で藤和音楽コンクールのガラコンサートに選ばれた かをりに誘われて、公生はピアノに向かう。 かをりが選んだ曲はクライスラーの『愛の悲しみ』。 かをりがかつて公生の家にいったときに、本棚にささっていた楽譜。 『愛の悲しみ』は公生...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。