コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

天体のメソッド #06 「本当の友達」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。今、ワルブレのニコ生見ながら書いてるんですが、まさについさっき、石川プロが小倉唯口説いてて噴いたwww

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


ノエル:「ノエルと汐音は友達だよね♪」
 今回の内容は、柚季と乃々香の和解を描いた話。汐音との和解回になると思った・・・残念!!

 商店街で買い物をして、福引券をもらった乃々香。福引の景品は1等が何と温泉ペア宿泊券で、温泉が何ぞやというのを知ったノエル(買い物についてきてた)は大はしゃぎ。ただ、実際乃々香が引き当てたのは、2等の円盤のぬいぐるみ。その後のシーンでもずっと持ち歩いているくらいにはお気に入りっぽい雰囲気は見せているものの、やっぱり温泉の方が魅力的なようで。ちなみに、1等を引き当てたのは汐音で、汐音とノエルは知らない仲じゃなくて…ここまで言えば言わずとも、ですね。
 一方、実家の喫茶店のお客から宿泊券をもらったのが柚季。円盤反対運動はもうやめたのかとか、色々と気になることはありますが、それ以上に実家ほっぽいてよその家手伝ってる奏太って…。で、彼女は宿泊券を口実に乃々香と仲直りしたいと思っているみたいですが、口ベタと言うか何というか、ざっくり言えばヘタレなので誘う段階から躓く始末。結局、こはるにサポートを頼んで、どうにか乃々香と温泉に行く算段を付けるのを成功。まあ、あまりにも分かりやすすぎて、バレバレだったみたいですが。それにしても、こはるを巻き込んだが故に一人置いてけぼり喰らう奏太が涙目過ぎるわ…。

 そして、迎えた当日。この期に及んで、中々話を切り出せない柚季が本当ヘタレながらも、分かった上で答えを急かさない&あえてぶたない乃々香が聖母すぎる…。あえて反撃しないことで、心のわだかまりを溶かすか。逆に、こはるはここに来て腹黒属性が一気に開花したような。さっきも言いましたが、奏太の件がインパクト強烈すぎますし、だからと言って奏太に恋愛感情を抱いてなさそうとか、本当鬼かとw
 また、乃々香たちが温泉でくつろいでる間、ノエルも汐音と二人で同じ宿で行動中。奇跡的な擦れ違いで、結局乃々香たちとは会わないまま終わったんですけど、あの神回避は一体なんなんだとwww あと、その中で汐音に関する話も少しだけ出てきましたね。とはいっても、直接的な話はしてなくて、ノエルが「友達」と言った件に対する反応ですが。例のごとく、はっきりした部分は分からないんですが、やはり「友達」という言葉にかなりトラウマがあるみたいで、乃々香が町からいなくなったことが原因に思えてならないです。ノエルとの触れ合いで一瞬だけのぞかせた笑顔、早く他の人に対しても見せてほしい!

 と言った感じで、第6話でしたが、こないだまでのギスギスした雰囲気から一転して、すごく癒される話でしたね。見ながら、本当微笑ましさと爆笑が交互に現れて、面白かったです。
 あとは、やはり汐音関係の話と、ラストの乃々香のお願い、そこらが次回以降どう影響してくるのか気になるところ。いい意味で、箸休めになりました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天体のメソッド 第6話「温泉旅行でのニアミスから見えてくる乃々香と汐音の心の距離と関係性」

天体のメソッド #06「本当の友達」 改善の兆しを見せ始めた乃々香たちの仲睦まじい姿が印象深い。 一方で未だ糸口すら見えない乃々香と汐音の関係はどうなるか。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。