コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

四月は君の嘘 #04 「旅立ち」 / 雨城ブリリアントパーク #05 「お金が足りない!」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。やっぱり食べてみて実感しましたが、ステーキ肉300グラムって大分多いなって。食べるならば、そこそこお腹すかせていかないと、下手すると食べ切れないorz

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


1.四月は君の嘘
かをり:「アゲイン」
 今回の話は、かをりと公生による最初で最後(多分)の共同演奏を描いた話。どうにかこうにか、コンクールが始まるまでには会場入りできたものの、暗譜が心許ない公生は精神的に参っている一方で、かをりは彼を奮い立たせるために言葉を投げかけます。ここで音楽家の名言が飛び出すあたり、さすが演奏家という感じなんですけど、ところどころでアバウトな物言いなのは、かをりの奔放な部分が出ていたなって思います。
 そして、迎えた本番。最初はお手本通りの大人しい演奏に殉じていたものの、化けの皮剥がれるの早かったですね…。それでも途中までは合わせていた公生が本当さすがと言うべきなんですが、ここで例の症状が出るという。「音が消える」「水の中に沈み込んでいくような感触」、その辺りの描写がアニメだと結構具体的に描かれていて、言ってみれば非常に分かりやすい演出でした。おまけに、聞こえないから強く鍵盤をたたく→不協和音 となっていくという図式も分かりやすかったです。
 そんな中、状況を変えるためにかをりが取った行動というのが、コンクールではまずありえない、しかししがらみにとらわれない彼女だからこそのものでしたね。しばしば、何かに失敗したときは失敗したままにしておかないというのが秘訣として言われますが、彼女のそれもある種近いものがあったと思います。その果てに待っているのが仮に結果に結びつかないものだとしても、確実に公生がまた一歩踏み出すための糧になったでしょうし。作中でも言われますが、あくまでも公生はソリストであって、伴奏家ではない。それを改めて提示した話でした。


2.甘城ブリリアントパーク
西也:「金が足りない!」
 今回の話は、第二パークの探索を描いた話。この話は、本来ならば第2巻の話で、そもそも原作と若干設定が変わっている(主にタイムリミット)ために組み込まれたってことですかね。
 簡単に説明すると、パークの入場者数が増えたものの、入場料金を下げたせいで大幅な赤字が生まれ、それをどうにか解消するために建設中に破棄されたらしい第2パーク、そこに眠る財宝を探しに行こうという状況。踏破に挑むメンツはいつもの通り(西也+いすず+三馬鹿)…戦闘能力はさておきとして、行動の面で不安しかないっすわ。案の定、トラップに引っかかってばかりですし。とりあえず、閉鎖空間で火炎瓶はやめよう(提案)。

 そして、結論から先に言うと、財宝は存在した…ものの、すでに金に変換して残ってないと。その裏には、第2パークに住み着いていたモグート族という妖精の存在が。なんでも、戦争で逃げてきたときに第2パークにかくまわれたとか何とか。その時には、財宝はあったものの、長年住みついていたために切り詰めて切り詰めて、結局使い切ったという話。しかし、モグート族が使う分にはいいとしても、ただの引きこもりのために一部金が回っていたのは若干腹立たしい。MMOにハマって、そのままずるずる優雅な引きこもり生活とか、はっ倒したくなるw 溜めこんだグッズ類が全部売りに出されたのも、本当やむなしだと思います。
 また、今回の騒動があって、第2パークに住んでいた赤竜のルブルム及びモグート族は、甘ブリの従業員として加わることに。デカすぎるけど、ある意味目玉にはなりそうなビジュアルなルブルム、某ジェバンニ並みに仕事の早い(建設関係)モグート族…何だろう、今まで出てきた従業員たちよりも大分有能そうなオーラがw 特に、まともに仕事しない三馬鹿よりも役に立つのでは。

 あと、最後にちょこっと描かれたティラミーとマカロンの怪しい密談…これも前回同様、次への前振りですね。これが出るということは、次は本来ならば今回の話よりもやるはずだった面接の話が来る?? 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘城ブリリアントパーク 第5話「支配人代行としての存在感を見せた西也の咄嗟の機転が光る」

甘城ブリリアントパーク #05「お金が足りない!」 何をするにも先立つものがなければ動きようがないのが世の常である。 テーマパーク運営が軌道に乗る日はまだまだ遠そうだ。

m9(^Д^)プギャーの可愛い使い方 ~甘城ブリリアントパーク 第5話「お金が足りない!」~

あらすじ(公式HPから抜粋) 30円キャンペーンの成果もあり、入場者数は徐々に増えつつあるものの、やはり問題なのはお金のこと。手っ取り早く資金を調達する方法がないか、西也に尋ねられたモッフルたちは、財宝が眠るという洞穴のことを思い出す。さっそく調査に赴いた西也たちだったが……
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。