コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

四月は君の嘘 #02 「友人A」 / 甘城ブリリアントパーク #03 「テコ入れが効かない!」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。やはり残業あることを仮定して、記事作成を心がけた方がいい、そんな気がする今日この頃。今日はまだいいとして、丸々ゼロから描けと言うのは意外としんどい。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

1.四月は君の嘘
かをり:「友人A!」
今回の話は、かをりの演奏と、改めての公生との対面を描いた話。前回の感想書いたときも似たような話をしたと思うんですが、かをりと公生のスタイルはどこまでも正反対で、それが演奏と言う形で如実に描かれましたね。公生の演奏は正確無比で人間味のないものであったのに対し、かをりの演奏はセオリーや楽譜はぶっちぎりという自由奔放なもの。コンクールにおいては、表現力云々よりも正確さが重視される傾向があるので、この場合評価を得られるのは間違いなく公生で、かをりの演奏はどんなに人の心をつかんだとしても評価が辛くなるのがデフォ。ただ、かをりはコンクールの結果にこだわっておらず、とにかく楽しそうに演奏する、それによって人の心をつかむ…辛口ながら公生がちゃんと見てくれてるというのが中々いい表現。
 そして、公生の気持ちに立ち返ってみると、それでやる気を促されたというまでにいかないものの、けど かをり という少女に興味を持ち、自分が当事者になり得ない「友人A」という立場に甘んじているのに歯が浮く感じている、そういう風に感じられました。だからこそ、渡を待っているかをりに嘘をつこうとし、嘘を必死で繕おうとする。それによって開かれた新たな扉、それが彼をどこに誘うか…注目です。

 そういえば、作画に関して言わせてもらうと、見せたいところは思い切り動かして、それ以外のところはやや省エネってところかなと、改めて感じました。まさか止め絵連発とデフォルメ作画が続くと思わなかったwww


2.甘城ブリリアントパーク(第3話)
西也:「1000人より1001人を呼ぶためだ!」
 今回の話は、文字通りのテコ入れ回。前回ラストで、臨時休業って話が出てたと思いますが、簡単に言えば、見てくれをある程度どうにかするための緊急措置。まあ、第1話時点のアレじゃ客がよりつくはずがないですからね…。ただ、モッフルはどうしても納得がいかず、西也に殴りかかる始末で、おまけに休業日にわざわざ来たゲストをもてなす最中に問題を起こすと…何でこいつが看板マスコットなのだろうか。とにかく、プロ意識がどうのという以前に、考え方が化石レベルで古くてイラっとくる。実質、ただのシスコンでしかないわけですし。
 そして、テコ入れと言うことで、今までの制度諸々を一新。とりあえず、営業時間の短さは百歩譲っていいとして、金曜日に定休日というのは客商売舐めてるとしかw 花金でみんな休みたいって、むしろそういった層を狙い撃ちするべきなのに、中の人が休んでどうする…。そもそも、パーク開けていれば客が来ると思ってる殿様商売っぷりがどうにも。発想がバブル時代のおっさんか!!

 で、話が結構ずれてきたので戻すと、テコ入れとしてPV制作を行います。さすがに綺麗どころ揃ってるだけあって、水着姿での撮影はお約束ですね。問題は、背景がボロすぎてシュールにしか思えないことと、基本的に撮られてる側のテンションが低いこと。もう少し笑顔がないと、客来ないわ…。また、水着PVだけでなく、もう一つ、先述のモッフルの不祥事、あれを逆手に取った炎上マーケティングにも似たPVも制作。これで気をよくしたモッフルの態度が本当腹立つくらいうぜえええええ。結局、炎上マーケティングが功を奏して、本命PVの再生数も伸びたんですが、実はこれだけでは全然不十分。ですが、一人でも多く客を呼ぶため、何でもやるという西也の決意と本気が良く出ていたと、そう思えました。

 そんな感じで、第3話だったわけですが、ゲスなマスコットたちがそろそろ本領発揮してきたみたいで、そこら辺のくだりが面白いです。さすがに「貫通済み」という発言はカットになったらしいですが、それ抜きでも十分酷かったww

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

甘城ブリリアントパーク 第3話「テコ入れが効かない!」

立て直しへ絶対の自信。 軋轢上等なんのその。 次々に改革を断行する西也。 かなりナルシストですが^^; おにゃのこたち水着になってPR! 文字通り一肌脱いでます^^; 水着きわどい(〃∇〃) 姫様はそこまでがんばらなくてもいいんじゃないかなあ。 妖精では短気なモッフルが良くも悪くも話をかき回してますね。 意見が衝突しながら、西也とモッフルは信頼を深めていく感じかな。...

甘城ブリリアントパーク 第3話「これぞ炎上マーケティング!だがそれで集客を見込めるほど甘くもない」

甘城ブリリアントパーク #03「テコ入れが効かない!」 今の時代、安易に水着を出しただけでは集客増加に繋がらない…。 でも自分は簡単に釣られると思います。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。