コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

キャプテン・アース #25 「キャプテン・アース」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。今しがた感想書き終わって、こちらでの作業に取りかかったのですが、このテンションの下がりっぷりは一体…。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

ダイチ:「守ってみせるさ!僕はキャプテンアースだからな!」
 今回の話は、最終決戦。先に言わせてもらうと、本当キルトガングって何だったのだろうか…。

 巨大なエゴブロックを手に入れ、遊星サインをも使えるようになったPAC。彼の次なるターゲットは、ブルーメと一体化しているハナ。正確に言えば、ハナが持っているライブラスターの力ですか。ブルーメの生体部品として、千年単位で脱出できないとは、やっぱり思わせぶりな部分は概ねフラグだったか。
 何にしても、久部社長のときと同様、彼の人格の一部をハナにインストールし、ブルーメごと彼女を乗っ取るのに成功します。ただ、肝心のライブラスターの力は使えず。この手のネタではお馴染みですけど、中身が違っていたらガワが同じでも一部使えなくなる能力がある、まさにそんな現象が起こっていました。当てが外れたPACざまあ!!

 もっとも、ライブラスターが使えずとも、ブルーメの力を取り込んでいる以上、厄介なのは確実。そこで、敵の敵は味方理論でダイチたちとキルトガング側の共闘が実現。とりあえず、PAC改めロビン・グッドフェローを倒すには、エゴブロックを爆発させる必要があると。ただ、それは同時に遊星歯車がキルトガング化できなくなることを意味しており、不死を謳い続けてきた彼らにとっては致命的とも言える話。思えば、アバダー時代に少なからず人との温かな触れ合いがあったセイレーン(セツナ)とバグベアー(バク)、それと最近様子が変わっていたモールキンの描写、これらは全部布石。あとは、アマロックがどうにか納得すればいいという、結構ひどい話。そりゃ、目の前でモールキンがやられようとしてる場面見せつけられて、身体張らないわけにはいかんですわwww でも、その結果が単なる神風特攻×3 ってのは何か締まらねえな…。
 おまけに、そこまでやっても、表面上はロビン・グッドフェローに目立った傷はなし。一応エネルギーを消費させることには成功してますが、行動の割に結果が地味すぎる。

 ともあれ、エネルギーを使いすぎたロビン・グッドフェローはエネルギー補給のために一路地球へ。対して、ダイチは一人ワープして、月付近でロビン・グッドフェローとやり合います。ブーステッドはすでにないながらも、武器を全て活用する勢いで特攻し、動きを止めつつも内部中枢へ侵入成功。コアユニット以外はやはり飾り…。
 中枢にて、PACが中に入り込んでいるハナと対峙。ハナが乗っ取られる=人質に取られてる同然 で、ダイチが問題クリアするかと思ったら、魔王にさらわれたお姫様よろしく、キスして解決でしたか。いやまあ、この作品に限って言えば、「テレパシーキス」なんつう都合の良い現象があって、いわばPACがやったことと同じことをやって上書きした という設定の妙的な部分はあるんですが、ただ状況だけ見るとベッタベタでしたわ。結局、PACがハナの肉体を欲したのは、ライブラスターの力もさることながら、エゴブロックのまま地球に入れないという致命的欠陥を克服するためという事実も発覚し、最後はハナがライブラスターでエゴブロックを打ち抜いて終了。最後っ屁で、二人を爆発に巻き込もうとしたのは色々と言いたいことあるんですけど、これはリア充爆発しろってことですね、分かりますw

 こうして、戦いは終了。キルトガングは実質消滅し、PACもさすがに完全破壊、地球は救われてめでたし…という部分はありますが、キルトガングのアバターは健在。設定忘れてましたが、エゴブロック破壊されても、アバターは基本健在で、且つその状態でセイレーンが健在ならキルドガングとして蘇生できる、そんな感じだったんですよね。散り様が散り様だっただけに、普通に生きてて肩透かしな感は否めないんですが。なお、アマロックは一人だけ先に出奔。何、このツンデレw
 そして、爆発に巻き込まれて、生死不明かと思われたハナとダイチですが、ラストカットで無事が確認されました。あの状態からどうやって二人で脱出できたのか、ついぞ分かりませんですが、すごく好意的に見るなら、あのランドセル幼女が守ってくれたという感じですか。何かシチュエーションありきで説明がぶっ飛んでる感否めませんが。


 ということで、いよいよ最終話となった今回。もとより、綺麗にまとまることは期待してなかったんですが、思ったよりはやりきった感はあるラストでしたね。スタドラみたいに「ここで終わり!?」という唐突感はなく、とりあえず後日談があった方が尚良し というレベルで踏みとどまっていたのは良かったと思います。
 ただ、これこそ毎回言ってますが、盛り上がり方が地味! 最終話にイベント詰め込んできた割に、この淡々とこなしてる感じの違和感…ここだけはどうにかしてほしかったです。箱舟派とか地球サイドのキャラがほぼ出番なしというのはまあいいとしても、基本的に何かが足りなかったorz

 そんなこんなで、皆さま2クールにわたり、お付き合いありがとうございました。また何かご一緒できる機会があれば、その時にお会いしましょうノシ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。