コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ソードアート・オンラインⅡ #12 「幻の銃弾」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。うっかりファフナーの配信時間忘れてて、ついさっき焦ったなどと。30分前倒しとはやりおるww

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

キリト:「お前の名前なんて知りたくもないし、知る意味もない」
 今回の話は、キリトさんと死銃の直接対決を描いた話。ああ、キリトさんやっちゃったなぁ(棒

 作戦通り、一人で洞窟の外に出て、スキャンをやり過ごすキリトさん。そのついでに、残りの参加者の居場所や人数を確認するのですが、ここであることに気づきます。それは、参加人数と残りプレイヤーについてのこと。現段階において、フィールドに残っているのは、前回の準優勝:闇風 と死銃(ステルベン)、それとキリトさんとシノンの計4人。全参加者が30人で、計算脱落が26人となるはずなのですが、表示された数字は24人。死銃の餌食になったペイルライダーの分を除いたとしても25人…つまりは1人分数が合わないと。となると、もう一人こっそり犠牲になっているか、それとも別の可能性か、何にしても頭の片隅に置いておくべき事案が増えました。
 それともう一つ。仮に、キリトさんの仮説…つまり死銃の手口が電脳世界と現実世界の同時工作によるもの というのが正しいとした場合、些か問題があるのではないかという話。というのも、先程ペイルライダーがやられて、今はシノンが狙われている状況だとしたら、現実世界での両者の自宅がかなり近所じゃないと難しい。というよりも、そんなだったら、偶然にしても出来過ぎているという。死銃=ラフィン・コフィンの幹部だったので、同じように殺人に憑りつかれている元同志が現実世界に複数いて、同時に動いているとしたらその辺はクリアできそうですが、こっちもこっちで確証はなし。まあ、普通の感覚で言えば、そこまで面倒な手間踏んでまで殺人犯したいって発想は狂ってるとしか言いようがないですが…。

 で、ここで話を戻して、BoBの話。現在残っているプレイヤーが死銃以外だと闇風一人だけ(推定)なので、彼をどうするかと言うのがまず一つ。現実世界の死銃が複数いる可能性が浮上する前なら、最悪捨て駒にするという手もあったんですが、浮上した今それは現実的ではない。というか、キリトさんの想いに反するので却下。とすると、キリトさんとシノンの二人で迎え撃つしかないんですが、そうなると闇風をおびき寄せる囮が必要。その役目を引き受けたのがキリトさん、あくまでもとどめを刺すのがシノン、そういう役割で動くことになります。いくらシノンを信じてるとは言っても、ギリギリまで動かないって、キリトさんマジパネエっす!!
 ただ、闇風が撃つよりも先に仕掛けてきたのは、死銃。こっちはさすがに回避行動取りましたが、完全にプレイヤー攻撃する威力じゃねえしww 聞いた話だと対物用とのことで、何か納得。なお、それが原因ですっかり居場所がばれる&足が止まって、あっという間にシノンに撃たれることになった闇風に涙を禁じ得ないわけで。

 そして、いよいよ迎えた死銃との直接対決。スコープはシノンが同士討ち同然で破壊してくれたので、あとは近~中距離での戦闘で決着するだけ。これは光剣使いのキリトさんでも勝てる目が出てきたと思われますが、死銃はまだ奥の手を隠してました。このゲームは武器作成なんてものが出来るみたいで、こっそり仕込み杖(細剣?)なんてものを隠し持っていて、不意打ち気味でキリトさんを刺突。さすがにこれは躱せなかったか、キリトさん。
 とはいっても、キリトさん的には向こうのタネが割れている以上、まだ優位は変わらないはず。この場でカラクリを全部暴いて、向こうの心を折ることが出来れば、それでキリトさんの勝利は確定。ですが、ハッタリかはたまた完全回答とは言えないのか、死銃はキリトさんの推理を突っぱね、同時に致命的な穴を指摘します。キリトさんの言う通りならば、あとは現実世界に戻って、SAO時代のプレイヤーネームからリアルの情報を割り出せば、それでゲームセットなんですけど、問題はキリトさんが彼のプレイヤーネームを知っているはずがないという事実。というのも、死銃はあの時キリトさんに名乗ろうとしたものの拒絶され、そのまま道を分かったという経緯があるため。キリトさん、まじうっかりwww まあでも、現実世界で明日奈がキリトさん本体と合流して、直接戦闘をモニタリングしてるので、もしかすると明日奈経由で知る可能性がワンチャン?

 とにかく、現状打開策が浮かばないキリトさんは、次第に追い詰められていくのでした…。


 と言った感じで、第11話。相変わらず同じような話が延々とループしてる感覚に襲われて、逆に頭こんがらがってきそうなんですが、一応これで戦いの舞台は整ったということですか。数が合わない残りプレイヤーなど、まだ気になる部分はありますけど、それでもキリトさんはやられっぱなしで終わらない…と思いたい。
 ちなみに、序盤でさらっと書きましたが、「sterven」という死銃のプレイヤーネーム、これは「ステルベン」と読む模様。意味は、ドイツ語で「死」…名前でネタバレしてるじゃねえのwww

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。