コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ルナティック・ムーン 5

 こんばんは、管理人でございます。何か思いの他、作業の進みが遅くなっていて、ちょっと焦り。このままじゃ本題に入れない(ショボーン)。

 今回紹介するのは、電撃文庫より刊行されている「ルナティック・ムーン」の第5巻。いよいよ月一企画のシリーズラストとなる今回ですが、今回はいつもとは違う意味でちょっと難産だったり。ここまで時間取れないとは思わなかった…。

 ということで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、全ての関係性の収束と選択を描いた話。前巻までの話で、大分話が壮大になったような気がしたような感じもしたんですが、その辺りについて問いただしたいことがあるので、後で触れたいと思います。
 まずはそうですね、この作品の落としどころと言うか結論についての話から。あくまでも個人的な意見ですが、「世界」という一見壮大なものに対して、この作品のキャラ達が選び取ったのは同じ「世界」でも、もっと小さなものだったのではないかと感じました。某鋼のなんちゃら理論で言うところの「全は一、一は全」というのと似たようなものではないかと思えます。例えばルナ・イルにとっての世界が何かというと、すなわち今まで守られてきた人によって切り開かれた今と未来。ひいては、それを経て出会った大切な人。それを守るために、否定しないために剣を取り戦っていました。

 敵方としてエデンを壊す側に立っていたロイドや、それぞれ違う目的でエデンに留まり、目的を果たそうとしたカロマインやレインたちについてもある種似たようなことが言えます。ロイドはかつて味わった絶望から世界を変えるために新たな世界を作り、カロマインは幼き日に自分の世界そのものだったロイドを求め、レインは若かりし日の想いと今の自分がやるべきことを抱いて行動に移し、いずれも自分の手の届く、必死に伸ばす範囲での行動に限定されています。まあ、世界自体、そういった営みで出来てると言ってもいいんですが。

 ただ、そんな個人がそれぞれ自分の世界を守るために戦うという状況なだけに、どうしても最終的にミクロな世界に落ち着いてしまい、散々煽ってきた壮大な世界観が吹っ飛んでしまったのが結構残念。特に、作戦がどんどんボロボロになって、ドヤ顔がどんどん曇っていく黒幕のガッカリ感は何とも形容しがたい。これだけ動揺が見えると、小物ってレベルですらなく、何といっていいのか分からないwww 
 まあ、最終的にああいう終わり方するだけに、全部が全部計画倒れとまでは言えないんですけど。とりあえず、メインシーとトマズの両名が思わせぶりな描写があった割にあの結末で落ち着いたのが納得できないわけで。


 とまあ、こんな感じでしょうか。最終巻ということで、単体の面白さとは別にシリーズの締めとしての纏まり具合も別途見るべきなわけですけど、まとまりと言う意味ではまあそこそこってところですかね。最終的にこじんまりした一方で、キャラクター同士の関係性には一通り決着つきましたし、ディストピアものとして着地点は妥当なところ。ただし、これが作者のデビュー作と言うだけあって、若干の拙さは否めないのも事実。機会があれば、作者の別作品を比較する意味で読んでみたい、少なくともそう思わせるだけの面白さはある作品でした。本当にありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。