コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ソードアート・オンラインⅡ #01 「銃の世界」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。思いのほか時間が押せ押せなので、これ以上の挨拶は省略。今宵も新作特集です。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

死銃:「愚か者どもよ、この名を恐怖と共に刻め! 俺とこの銃の名は、“死銃(デス・ガン)”だ!!」
 ということで、かれこれ2年ぶりの続編となる本作。その記念すべき第1話としては、新たな事件の幕開けを描いたもの。誰か、壁を持って参れ!!!

 SAO事件の完全終結、つまり明日奈が現実世界に帰還してから約一年後。その傍らには、以前と変わらず和人(キリト)の姿が。しかも、珍しくSAO時代のアバターと同じカラーリングでのデートとか、本当こいつら爆発しろ!!
 デートで選んだのは皇居周辺。確か、明日奈がさいたまのあたりに住んでたはずなので、若干足を伸ばして…ってところですか。まあ、それ以上に突っ込みたいのは、二人の会話。和人が基本的メカオタクなせいか、全くと言っていいくらいに情緒も糞もない。とりえず要約すると、いくらARが発達したとしても、現実とバーチャル、それを区別する情報量の差を乗り越えるのは難しく、おそらく和人が将来的に目指すのがそっちの方向ではないかという話。一応、和人自身はゲームの製作者になるという夢を語ってるわけですが、このスポットといい、会話内容と言い、明らかにブレインバースト(アクセル・ワールド参照)のことを示唆してるんですよね。といいますか、個人的な意見として、この二人の子供が…なんじゃないかなと思ってたり。

 一方、デートとは別件で、和人はこの日とある人物との会談の席を設けていました。その人物というのが、仮想課の菊岡…エキストラエディションで和人にインタビューしていた男ですね。話にも出ていましたが、彼は和人がSAOから帰還して初めて面会に来た人物で、情報提供と引き換えにSAO時代の知り合いのリアル情報を売り渡した人物。和人がエギルやリズたち、明日奈の入院先を突き止められたのも、彼とのやりとりがあってこそ。とはいっても、基本的に胡散臭いことこの上ない人物なので、和人が彼に抱く気持ちは非常にドライ。今回呼び出された件についても、明らかに疑いの目を持っての参上。

 そして、菊岡が持ってきた案件ですが、これは一言で言えば、捜査協力の依頼。事件が起こったのは、ザ・シードによって生み出されたVRMMOの一つ「ガンゲイル・オンライン」。このゲームは、唯一プロがいるVRMMOとしても知られており、和人も名前くらいは知っているレベルのメジャーゲーム。そんなゲームの中で起こった事件というのが、突然のアバターの消滅、からの中の人の突然死。アバンであったゼクシードというプレイヤーの件と、菊岡が知る限りでもう一件が確認されており、それらに共通するのが「死銃」と名乗るプレイヤーの介入で、そこから結び付けられた仮説がすなわちバーチャルと現実の合一。対して、和人は「ありえない」と一笑に付しますが、実はそれもまた菊岡の作戦通り。「死ぬはずがない」と断言したからこそ、和人が断る逃げ道はなくなり、さらに報酬をちらつかせることでさらに道を狭める。ちなみに、和人に白羽の矢が立ったのは、死銃がトッププレイヤーしか狙わないという習性があり、短期間でターゲットに狙われるまでに力を見せつけられるのではないかと認定されたため。どっちにしても、迷惑この上ないw

 そんなわけで、和人は再び戦場へ降り立つことに。次の舞台は、銃で戦う「ガンゲイル・オンライン」という新天地で…。


 と言った感じで第1話ですが、やはり第1話なだけあって大分力入った映像で、導入としては悪くないです。ただ、個人的に言わせてもらうと、戦闘シーンがばりばりCGすぎて、迫力に欠けるようにも。ゲーム世界が結構殺伐とした感じなので、もうちょっと重い感じの絵柄の方がいいような気がします。

 まあ、何にしても来週からも出来れば感想書きたいです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソードアート・オンラインII #01「銃の世界」

ちきしょう、のっけからイチャコライチャコラしやがって…(何

(´・ω・`)リア銃の始まり ~ソードアート・オンラインII #01 銃の世界~

あらすじ(公式HPから抜粋) 《SAO》クリアから約1年後。総務省《仮想課》の菊岡から呼び出された和人は、 日本で唯一プロゲーマーが存在する人気のVRゲーム《ガンゲイル・オンライン(GGO)》にまつわる、奇妙な事件について聞かされる。 《GGO》の有力プレイヤー2名が、《死銃(デス・ガン)》を名乗るプレイヤーにゲーム内で銃撃された後、いずれも謎の死をとげたというのだが……。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。