コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

ノーゲーム・ノーライフ #10 「指向法(ブルー・ローズ)」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。とりあえず、何か食べてる間はそこまで眠気来ないっぽいので、あまり太らない程度につまむことにしようかなと。これで太ったら笑いものですが。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

空:「最後にゲームを“楽しい”って感じたの、いつ?」
 今回の話は、対東部連合戦開始…の前の、最後の仕込みを描いた話。前回、このまま雪崩れ込む的な予想してましたが、そういえばこの話あったの忘れてたw

 前回、無事クラミーとの対決に勝利し、フィール共々協力者をゲットした空。となると、最初にやるのは…そう自己紹介w とはいっても、空に限定して言えば、彼女の個人情報は記憶を共有したから筒抜けなわけで、どちらかというと他のメンバーに対しての配慮ですかね。とりあえず、自他ともにスタイルに自信がないのがクラミーという人物な模様。

 あと、そこにもう一つ補足。人類種とエルフ、種族の違うクラミーとフィールが一緒に行動している理由、それは至極簡単。フィールがクラミーの主、もとい飼い主であるため。なんでも、クラミーの一族は代々フィールの一族(ニルヴァレン家)の奴隷として尽くす定めだとか。ただ、彼女たちの関係は今までのそれとは違って、ほとんど親友みたいな間柄。おまけに、フィールは実質一族の家長を務めていて、彼女を守るために一族すら敵に回す覚悟があるレベルでガチ。そのため、今回空が提示したような、ある種エルヴンガルドに敵対するような行動も、クラミーを解き放つという目的に沿ったものとして合意。でも、ジヴリールとは犬猿の仲のようで、共闘するにあたって足をなめさせるという意趣返しする場面も。つか、本当にやったんですよね、あの様子だとw
 ちなみに、余談ですが、フィールの家――ニルヴァレン家 は、かつてエルフ族のトップみたいな一族として、戦乱の世に君臨していました。なので、何だかんだでこれもまた歴史の再現だったり。

 そんなわけで、自己紹介も済んだところで、更なる親睦を深めるために一同は風呂へ。解説がモロにテルマエで噴いたww それと、例のごとく一人だけ男子である空は一緒に入れないのですが、ジヴリールを撮影役に据えての賢者プレイ。フィールの魔法を使えば女にもなれるらしいですが、逆に男に戻れないので断念。
 で、眼福な光景を横目に、ちょっとだけ真面目な話。すなわち、東部連合と戦うにあたっての勝算。双方の見立てによれば、一つも取りこぼしもなくやり切れば勝ち目がないわけでもない とのことですが、明らかに困難。空もそれを承知していますが、一方で白という絶対的な相方を信じ、絶対に勝つと断言。奇しくも、同じようなエピソードがフィールとクラミーの間にもあったらしいですが、果たしてこれはパクリなのかオリジナルなのか…。

 そして、いよいよ迎えた勝負の日。試合が始まる前から、国民の怒りを全身に浴びるという洗礼があり、スポーツ的には明らかな逆風が吹いてるようにもとれますが、実はこれもまた空の作戦通り。国民の暴動があることで、周囲の目を厳しくさせ、さらにフィールの存在をちらつかせることであからさまな不正を封じ込める。この二つで、ひとまず条件をほぼ対等にまで持ち込みますが、まだこれだけでは足りないですよね、やはり。となると、鍵となるのは、思わせぶりに空が確認した、いつぞやのステフとのゲームで獲得した、ゲーム勝利の要求。何かゲーム開始早々、引きこもり属性がフルオープンして、暗雲立ち込めてますけどw

 また、戦いが始まる間際、空がいづなに確認した一言、これがいろんな意味で真理だと思えます。ゲームで全てが決まる世界だからこそ、楽しめなくなったら本末転倒。盟約の十は、まさしくそういうことなんですよね。まあ、いづなたんがああいうリアクション取る羽目になったのは、おそらく全権代理の巫女のせいでしょうが。彼女も彼女で最新刊時点で正体が掴めずに、謎が多いんですけどね。


 とまあ、こんな感じですか。結構複雑な構成をしていた前回とは打って変わって、今回は比較的シンプルな内容でしたね。要は、空と白、フィールとクラミーがどこか似たようなところがあって、それ故にお互いに信用に足る関係であるというのを示したと。ただ、ここまで目的がはっきりしてると、後々また戦うってことになるかもとも。いい意味でも悪い意味でも、好敵手になりうるか、そこに注目。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ノーゲーム・ノーライフ 第10話「指向法(ブルー・ローズ)」

いよいよ東部連合戦。 その前にわだかまりをなくしましょう! 改めてお互い自己紹介です。 黒歴史ばらしあいだったような^^;^^; おいたをしたジブリールめっ! 白の命令には逆らえず、フィールちゃんの言うことを聞くことに。 天使も罰ゲームを受けるのね(ぇ クラミーとフィールのほほえましいこれまでの生活。 フィール優しいけど時々黒い^^; おフロ展開となりましたが、当然...

ノーゲーム ノーライフ 第10話 「指向法(ブルーローズ)」 感想

対 東部連合とのゲームがスタート。共闘に大事なのは自己紹介とお風呂!(^^;
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。