コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

デート・ア・ライブⅡ #09 「美九の真実」 (ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。何か今朝から職場の同僚が「AKB総選挙」ですごく興奮してましたが、個人的にはあまり興味ないので何と反応すれば…。とりあえず、ぼちぼち情報追う位でいいかなって。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

士道:「俺が――いるだろうがッ!」
 今回の話は、サブタイ通り、美九の過去に迫る話。全10話構成ということで、早くも大詰め入ってるわけですが、うむ…。

 サンダルフォンを手に、先を行く士道。ですが、実のところ、士道がサンダルフォンを振るい続けるのは中々のマゾゲー。それこそ、イフリート由来の再生力が追い付かないで、一太刀振るうごとにどんどん体力を削られる有様。そんな中、満を持して、美九が参戦。ツンデレっぽい台詞抜かしてますけど、ちゃっかり士道の器を測るために彼に同行。彼女と一緒に来た四糸乃&八舞姉妹は、外にいる雑魚たちの露払い役に回り、期せずして二度目の対面が実現します。
 とはいっても、未だに人間不信の男性嫌いは健在で、ことあるごとに士道に冷たい態度を取ったり、士道が十香を諦めるように仕向けたりという態度。まあ、それでも何だかんだで敵を倒すのを手伝ってくれたりと、いくらか協力的な態度は見えるわけですけど…。それにしても、士道が本当ぶれないですわ。

 そして、いよいよ語られた美九の過去。端的に言うと、まず彼女は元人間で、ファントムによってセフィラーを与えられて精霊になった存在。彼女が精霊になったいきさつは…詳しく語られたわけではありませんが、以前別の芸名で歌手活動をしていた際に、枕営業を断ったことでファンに裏切られたという絶望、それにより彼女の一番大切な「声」を失ったこと、それが絡み合った上で見初められたといったところ。人間嫌い、特に男性に対する嫌悪感はそのときのトラウマに根差したもので、今の考えに至った…というのが真相。
 一方、狂三のザフキエルの力でその辺の事情をある程度知っていた士道は、それでも彼女を説得。かつての芸名:宵待月乃 としての彼女の歌を聞いたときの、ありのままの感想を伝え、改めて絶対に彼女を見捨てないと宣言します。その言葉を、果たして彼女がどう受け取ったというのはまた来週に持ち越すとして、これにて過去語りは終了と。

 そんなこんなで、士道と美九は十香がいる18Fに到達。すると、そこに待っていたのは十香とアイザック。相変わらず、挑発的且つ意味深な発言が多い彼ですけど、気になるところだけ掻い摘むと、やはり精霊の誕生と深く関わりを持っていると見るべきですかね。彼が言う「彼女」というのが本当誰なんだろうか…。
 それでいて、わざわざお出迎えして、士道と十香を挑発して、彼が何をしたかったというと、それがラストのアレ。そのために、士道と十香をこの場で引き合わせたり、頃合いを見計らってエレンを呼び戻すという、ひどく手間のかかった策略を巡らせるとは。十香の異変については、また次回改めて言うつもりですが、俗にいう「悪堕ち」的なやつで、作中では「反転」と言われる現象。そのトリガーとなるのが、深い絶望で、十香の場合は士道だったわけです。


 ということで、第9話をお届けしましたが、やはり詰め込み具合と演出と作画がイマイチすぎて、原作の良さが大分殺されてるような気がしました。話数が短い割に、何でここまで崩れるかがよく分からないんですが、せめてもうちょっとまともにならんのだろうか…。
 そして、折紙さんがようやく合流したり、フラクシナスとの合わせ技でエレンにようやく負傷させたりと、結構胸熱なシーンがあったわりに、大分印象が薄くなってるのが惜しい。何か文句ばっかり言ってて申し訳ないんですが、それくらい不満たらたら。

 次回はいよいよ最終話とのことですが、あまり期待しない方がいいかもしれない…。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。