コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

デート・ア・ライブⅡ #06 「ガールズ・ミュージック」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。なぜか隣でパソコン弄っている姉の脇で、いそいそと更新。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓

遼子:「……頼んだわよ、折紙」
 今回の話は、天宮祭と襲撃作戦の同時作戦を描いた話。有志によるカウントによると、まじひくわーさんのコメント量が過去最多だったとのこと。マジか…。

 売り言葉に買い言葉で、天宮祭のステージで美九と対決することになった士道。とりあえずステージで何をするのか、まずはそこからなのですが、これは意外とすんなり決まりました。元々ステージに出ることになっていた亜衣麻衣美衣トリオのバンド、ここに偶然にも欠員が出たために、そこに混ぜてもらえることに。加えて、士道を手助けするために、十香と折紙も参戦。折紙の歌唱力を見込まれて、バンドボーカルは彼女になりますが、これは演歌限定…というオチはないですよねw 以前、どこかで似たようなネタを見ただけに、一瞬それが頭をよぎりました。まあ、結局明らかにならず仕舞いでしたが。
 ちなみに、楽器の担当は、士道改め士織ちゃんがギター、十香がタンバリン。ドラムはちゃんと本職がいましたとさ。

 一方、すごく久々に登場した実妹こと真那ですが、唐突に出過ぎて、ちょっと繋がり悪いような…。原作だと冒頭あたりで、それもそれであんまりという気もしますけど。今回の出番は、いきなり連れ去られそうなシーン…果たしてこれはどの勢力によるもの?

 そして、迎えた天宮祭当日。前日に遼子から絶対秘密の作戦を打ち明けられた折紙が欠席という、何とも不安な立ち上がりから始まり、まずは美九とのデート。前回の失敗も踏まえ、彼女のご機嫌取りに努めないといけないと釘を刺されたものの、やっぱやっちゃうんですね…。これは完全に美九の方へ問題があるとしても、いい意味でも悪い意味でも面倒な性格だなと思えますわ。すると、それにご立腹…というわけではないものの、機嫌を損ねた美九は完全に士道を潰しにかかります。
 ステージイベントの開始直前、元々来ていなかった折紙はもとより、亜衣麻衣美衣の三人の姿もなし。慌てて士道が連絡を取ると、どうも美九が手を回して、そもそも彼らを舞台に上げないよう、メンバーをステージから遠ざけた模様。ですが、それで諦めるのもNG…ということで、急きょ琴里とフラクシナスがサポートし、妨害&打開策を提案。メンバーが足りない分は、とりあえず代わりの人員を用意して、歌は口パク。代わりの人員として白羽が立ったのは、八舞姉妹。一応簡単に補足すると、八舞姉妹は士道とは別のクラスに所属。理由は、転校生を増やしすぎるのはどう考えても怪しいというのが一つ、もう一つは士道のそばにいずとも、最悪二人が一緒にいれば封印が安定するという判断がなされたため。そのため、今回行動するのもペア。しかし、色々と対決してた中に、都合よくバンド演奏に関係あるものが含まれてたとは…。

 あともう一つ、妨害工作に関しては、そのまま直球で美九のステージ中に装置へ細工して、ステージを壊すと言ったもの。果たして、首尾通りに進みましたが、結果を言えば失敗。さすがに霊装使われて、元々高いパフォーマンスに上乗せされたら、それくらいのハンデは物ともしませんわ。それどころか、妨害工作をしたつけが回ったのか、士道たちの番になって、用意していた音声が使えないハプニングが発生。結果、無音状態が続き、あわや事故という惨劇にまで追い詰められましたが、ここは十香の活躍でどうにか乗り切りました。彼女がなぜ歌を歌えたのか、それは一応理由があるのですが、これは来週ちゃんと説明あるんですかね…。

 また、前回話に出ましたが、天宮祭と同日、ジェシカたちDEMの部隊が士道と十香を攫うべく動き出すという作戦が進行することになっていました。こっちは、直前で作戦を知った折紙がホワイトリコリスを駆って、食い止めにかかります。いくら彼女でも、ホワイトリコリスを完全に操れているという印象はありませんでしたけど、短時間なら一応使えてるんですね。ただ、問題はタイムリミットが来た後。普通ならば、そこで詰みだと思いますが、彼女の場合は一体?


 ということで、第6話ですが、やっぱり美九のパフォーマンスが本文の表現に比して、ちょっと負けてるように思えてならないのが残念。ぶっちゃけ、これなら十香のパフォーマンスの方がよっぽどいい。何が悪いってわけじゃなくて、やはりマクロスクラスまでボーカルレベル引き上げないと、これはきついか…識別名:ディーヴァ なだけに。

 次回は、美九編前半戦クライマックス。シリーズ最大のピンチと、いよいよ待ちに待ったあのキャラが参戦…原作読んだ時の絶望感がどこまで再現できるか、そこに注目。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デート ア ライブ II 第6話 「ガールズ ミュージック」 感想

攻略されそうな士織がかわいい(^^;
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。