コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

聖剣と魔竜の世界 1

 こんばんは、管理人でございます。人狼ゲームと大喜利の合わせ技って、地味に難しいなって今見てる番組見ながら思ったなどと。基本的に大喜利がセンス依存なのに、結構な無茶ぶり…。

 今回紹介するのは、オーバーラップ文庫より刊行されている「聖剣と魔竜の世界」の第1巻。先日、感想で取り上げた「椎名町先輩の安全日」とほぼ同時期に発表された、サイトウケンジさんの新作。とはいっても、巻数的にはそこそこ出てるので、新作と言っていいのかよくわからんのですが。何にしても、一応新作ということでどうか一つ。


 ということで、さっそく感想に参ります。今作の内容としては、世界を破滅へと追いやる「魔竜」と呼ばれる人型、その内の姫と目される少女:アーリ と、「聖剣」と呼ばれる少女たち、及びそれを使役する聖剣使いの少年の出会いを描いた話。この手の設定ですと、大分ハードな話になりそうなくらいにちょっと殺伐としたものを想像していましたが、正直なところ予想していたのとはちょっと外れたものが来て、ちょっと驚きました。一言で言えば、結構ゆるい話メインで、その間にシリアスが挟まるような構成。そもそも、アーリのパーソナリティが仮想ラスボス的な強さを持っている一方で、ドジっ子で本当は戦闘を望んでいるのかよく分からないという感じなので、どうしても緩くならざるを得ないという部分はありましたね。この辺りは、いつものサイトウケンジ作品らしさということで、安心して読める部分ではあるのですけど。といいますか、聖剣とか魔竜とか、この辺りの設定を少し捻った上でテイストが緩くなるというのが、本当ぶれないw

 ただ、その辺りの緩さゆえに、熱くなるような展開があまり感じられなかったのも事実。結構ガチな戦闘もしているはずなのに全体的に大味で、対戦相手の掘り下げがその後の語らいでだいたい見えてくるという風なので、ほとんど敵が退場しないというのが良くも悪くもあります。別に生き死にが関わればそれでいいとまでは言いませんが、ちょっと展開が甘々なのではと。


 とまあ、こんな感じですかね。結構長いこと積んでて、あまり期待していなかった作品ではありますが、いざ読んでみたら読んだなりに楽しめる作品、そういう意味ではいい作品でした。続きを買うかはまだ未定ですけど、財布に余裕があれば、そのうち買うかもしれないです。その際には、こちらか、あるいは本館の方で取り上げようと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。