コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

世界征服~謀略のズヴィズダー~ #11 「征服者どもが夢のあと」(ミラー)

 こんばんは、管理人でございます。生中継に夢中になってると、途端に他の作業に支障をきたしていけない。この一週間くらいは結構そんな感じなので、それが問題と言えば問題。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗したときにお使いください。↓


明日汰:「我らスヴィズダーの光を、遍く世界に!」
 今回の話は、いよいよ最終決戦へと赴く明日汰たちを描いた話。やっぱ、ニコ中って良いことないって良くわかんね。

 前回のラストから一週間、ケイトたちとはぐれた明日汰は、蓮華ちゃんと一緒に逃走生活を送っていました。同じ毛布にくるまって寝て、蓮華ちゃんに食事を用意してもらう…何、このカップルw まあ、実際のところは特にお色気イベントがあるわけでも、手料理を振る舞ってもらってる訳でもなく、もうちょっと殺伐した部分があると思いますが。特に、食事に関してはおそらく蓮華ちゃんのドジっ子属性が祟って、まともな手料理が出てきたことがあるとは思えませんし。といいますか、前に料理があまり上手じゃない描写があったのが地味な伏線で、それ忘れて料理シーン映ってからの落差に思い切りずっこけました。具材は犠牲になったのだ…。
 そんなわけで、基本的には都軍に見つからないようにねぐらを転々として、それで一週間を凌いできたというところでしょうか。ついでに言えば、ケイトと逸花についてもだいたい同じ。こっちの方も、西ウド川市長が支援してるみたいで協力者を得たという状況が奇しくも重なりますね。まさか、西ウド川市長があんなモブ顔なおっさんだとは思いませんでしたが。

 そして、その頃。都の上層部では、ズヴィズダーの包囲網を社会風刺に絡めて強くする一方で、中立地帯だった西ウド川を東京都に取り込む動きが起こります。その名も、合衆国日本…ではなく、東京DC。どこのワシントンだというツッコミはともかくとして、これが何を示すかというと、東京都が日本本州の大部分を領土として治めたということ、それと今までみたいな平和とは無関係な日常が訪れる可能性。中立の立場ってのは得てして周りから睨まれるものですが、屈さざるを得ないというのがつらいところ。それにしても、イーグレット&ヤスのスピード出世がやばいですね。後者については無能この上ないってのに…。どこまで行ってもただの屑にしか映りませんけど、果たして最後までド屑で終わるのか、大逆転があるのか、どちらだろうか。

 一方、都軍に捕らえられたケイトたちについてですが、こちらはこちらで結構つらい部分が。ナターシャが全裸で拉致られてる…というのはまだマシとして、ロボ子がまさかの解体&スクラップ化とかorz この作品の中だとトップクラスにヒロインキャラしてたのに、むごいことしやがるぜ! あと、こちらはまだ未確定ですが、将軍はお亡くなりに…。霊安室に安置されてるのに布がかぶさってなかったり、はたまた1週間放置しても一切崩れてないところ、本当に死んだのが判断しづらいところですが、現状ロボ子同様戦闘不能なのは確実。あの予告がネタ振りだとしたら、ギャグみたいにあっさり復活しそうな気配もしますけどw(あるいは、近未来的な冷凍カプセルで死亡確定か…)

 そんな中、西ウド川の東京編入調印に合わせ、ついにバラバラになっていたズヴィズダーのメンバーの向かう先が一つに重なることに。使命に殉じ、犠牲を払いながらも長い時をかけて世界征服を目指してきたケイト、回り道を繰り返した果てにようやくおぼろげながらに道が見えてきた明日汰、詳細不明ながらもケイトを守るために戦う逸花。それぞれゴールは違えど、今は同じ道を行き、同じ相手を敵として相対する仲間として、最後の戦いが始まろうとしています。同時に、敵であったホワイトロビンこと蓮華ちゃんにとっても、別の戦いが暗示されている?
 最強にして最後の敵として立ちはだかるのは、東京都知事。ですが、その実態はすでに人ではなく、悪魔(≒葉巻)に魂を売り、人間であることをやめた何か。今まで煙がUDOの力を弱めるとか話はありましたが、これってつまりそういうことなの?


 ということで、いよいよ最終回直前である今回。ついに作品最大の謎であったケイトの正体が明かされました。「好きで幼女やってるわけじゃない」と確かに言ってましたが、合法ロリと言っても犯罪クラスの化石ロリやんけ…。まあ、ある程度予想はしていましたが。とすると、彼女が世界征服を果たした暁には幼女を卒業して、第1話で映った像みたいな体型になる?
 そして、前回の予告からしてやばそうなフラグを立てていた蓮華ちゃん。どうにか死亡フラグは回避しましたが、恋愛的な意味では自ら舞台から降りたようで、何か見切りはええなって思えました。他にまだ活躍の場が残ってるとしても、あえてそうする必要があったのかはよく分からんです。

 次回はいよいよ最終話。ここに来て、まだ明らかになっていない部分が多いですが、どこまで回収されるか、その上で盛り上げられるか、注目です。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。