コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

この素晴らしい世界に祝福を!3 よんでますよ、ダクネスさん。

 こんばんは、管理人でございます。今年は比較的大丈夫かなと油断してたら、やっぱ駄目だった…。今年もまた、花粉という難敵に立ち向かわなければならんのかorz


 今回紹介するのは、角川スニーカー文庫より刊行されている「この素晴らしい世界に祝福を!3 よんでますよ、ダクネスさん。」。スニーカー発のWEB出身作品のシリーズ第3巻。今回のタイトルのモチーフは、「よんでますよ、アザゼルさん。」ですか…。ネタのチョイスはともかくとして、タイトル的にはあながち外れてなかったという恐ろしさw

 ということで、さっそく感想に参ります。今巻の内容としては、第2巻での一件が原因となったカズマの逮捕、からのダクネスの正体に迫った話。前巻から一応フラグは立てていましたが、ダクネスはただのドMなクルセイドではなく、その正体はいいところのお嬢様。本名はララティーナで、ちゃんと着飾れば「ダクネス」という名前とは似ても似つかないお嬢様へと様変わり。これで中身がまともだったら、どれだけマシだったか…(遠い目)。
 という話はさておきとして、ダクネスの助力でどうにか無罪放免で戻ってきたカズマでしたが、それと引き換えにダクネスはお見合いをする羽目になり、それを妨害(あるいはその逆)する形でダクネスの実家に潜入。ここでのカズマの二枚舌っぷりが中々面白かったです。さすがクズマさん、手段を選ばないw それと、結果的に妨害工作が自滅に繋がるという部分がこれまた安定。そりゃ、それだけ堂々と会話してたら、勘違いもされますって…。本当、お見合い相手が良い人過ぎるが故に、その辺りのかみ合わなさ&引き際の良さで翻弄されてるようにしか。といいますか、ダクネスが相手を気に入らない理由が酷過ぎるってばよ。さすがに、エロ同人の見過ぎだと思うんだ…。

 そして、話変わって、攻略の話を目を向けると、魔王軍の大幹部よりまた一人新キャラが登場。大悪魔バニルはあれですね、変人ではありますが、一応ボスキャラチックなチート能力で、普通に強かった。これって、実質倒すのは不可能なのでは…? 救いなのは、あまり好戦的な性格というわけではなく、最悪消滅させずとも交渉に持ち込めそうなところ。
 ただ、それにしても、今回の倒し方は中々あんまりだったなと。実際には、ダクネスの精神力が異常なだけで詰んでてもおかしくないわけですが、それでも絵面を想像したらひっどい。敗因がただのドMって…。


 とまあ、こんな感じですかね。例のごとく、WEB版のことはよく分からないので、その辺の相対的な比較はできませんが、これ単体で見るなら、1巻2巻とキャラ描写を積み重ねてきただけに、どんどん面白くなっているなと感じます。馬鹿ばっかりなパーティーメンバーと、クズい主人公、それと何だかんだで振り回される災難キャラたち、結構役者はそろってきたので、これからもドタバタ度が増すであろうと期待できそうです。

 次の巻は、温泉回? タイトルは夜桜四重奏をもじったものになるそうな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。