コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

アスラクライン 12 世界崩壊カウントダウン

 こんばんは、管理人でございます。今日でようやく仕事納め・・・どうにか体力持ってよかったああああ。ですが、明日がコミケという大一番でもあるので、安心するのはまだ早い。そして、仕事始めが2日でそのまま二連勤というコンボがある…考えると頭痛がしそうw

 今回紹介するのは、電撃文庫から刊行されている「アスラクライン 12 世界崩壊カウントダウン」。年末連動企画のラストということで、読み終わった分のストックはこれで全部吐き出しました(ただし、この作品限定で!)。今読み進めてる13巻と、最終14巻については年が明けて、おそらく1月中のどこかで取り上げる予定です。
 ちなみに、年内の通常更新は今日でラストになります。明日はコミケ帰りでおそらく死んでると思うので、簡単に報告だけにするつもりですし。その代わり、年明けは一発目から全力で取り掛かるつもりなので、お楽しみに。

 そんなわけで、感想に参ります。今巻の内容としては、一巡目の世界編後半・・・世界を崩壊へ誘う真の敵の存在とか、前巻に引き続いての今までにあまり関わりのなかったキャラとの絡みとか、そして元の世界へ戻るため&現状を打破するための新たな鍵となる新たな力の誕生とか、ますます終わりに向けて弾みがついてくるような、そんな話となっています。やはり、一巡目の世界に入ってから、今までの話の中で拾い切れてなかった分が一気に巻き返しに入ったせいか、情報の整理が捗って楽しいですね。それと、ある種if世界での話なだけに色々と二巡目の世界と違ってる部分がある一方で、それでもやはり同じ存在であると感じさせる描写が盛り込まれてて、一粒で二度おいしい(で合ってる?)感じでした。
 それにしても、世界を崩壊へと誘う存在が「神」とは…。正確に言えば、「デウス・エクス・マキナ」、つまり強制的に物語へオチをつける存在で、もっと言えば時空干渉しようとしてる人類の歩みを止めるために現れた、という感じなのですかね。ぶっちゃけた話、「機巧魔神(アスラ・マキーナ)」という名前が出てきたところで、何らかの類似点は感じてたわけですが、まさかダイレクトに使われるとは予想外。とりあえず、神を打ち倒すのが「悪魔」ないし、悪魔が作った「魔神」というのが結構な皮肉だと思いました。

 そして、主人公関連の話ですが、色々あってようやくタイトルにもなっている「アスラクライン」へクラスチェンジするお膳立てが整いましたね。初期から整っていたとは言えばそれまでかもしれませんが、ヘタレ+鈍感属性を併発してる智春が重い腰を上げた、これは大きな意味合いを持ってるなと思います。それでいて、ちゃっかりと正妻力を見せつける操緒がマジヒロインなのかも。本当、前巻で出番がほぼカットされてたとは思えませんわw 
 あと、作品の大きなテーマともなっている「選択」という部分が、特にピックアップされた話だったとも思います。アニメ版2期OP「オルタナティブ」をこのタイミングで聞き返すと、何か発見があるのかも…まだ実践してないので何とも言い難いところですがw


 と、こんな感じですかね。繰り返しになりますが、物語がかなり終盤に入ってると言うこともあって、盛り上がりが割と面白い感じになっていますね。ここから一気に完結へと話が収束していくとして、スマートに決められたら最高にかっこいいなと思います。まあ、発売当時の感想からすると、色々物議を醸す感じなので、あまり期待しすぎない方がいいのかもしれませんが…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。