コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。 4

 こんばんは、管理人でございます。思いのほか、時間が圧迫されてて、日付変わるまでに書きあがるかがきつい…。何でこのタイミングでちょろいやってるんや。


 今回紹介するのは、富士見ファンタジア文庫より刊行されている「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。」の第4巻。今年スタートの作品ながら、早くも4冊目。早いやつですと、3巻で完結している作品もある中で一応順調に巻を重ねている方だと言っていいんですかね。それに、ドラゴンマガジンでもちょくちょく短編掲載されてますし、是非ともその辺をまとめた本が出るくらいには続いてほしい…。

 今巻の内容としては、前巻ラストで訪問してきた、主人公:ラウルの妹ミュリと絡めた職業バレの話。個人的に、ラウルの職業バレが山場の一つだと思っていましたが、読み応え的には山場一歩手前の話だったのではと、そんな印象を受けました。しかし、それでも尚、ラウルの心情を思うと非常に突き刺さるものを感じましたわ。自分の場合は、まだ夢破れて何やら…という経験はないのですが、それでも身につまされるようなものを感じざるを得ませんですし。それに、よりによってミュリがラウルが勇者になれたと信じ込んでると言うのが…。(正確に言えば、若干違うかもしれませんけど)。でも、最後の落としどころはベタながら悪くなかったなと。
 にしても、村を出る前のラウルが中々痛い感じだったのが不覚ながらも笑いましたね。今流行りの中二病ではないですが、あそこまで勇者に入れ込む勇者オタクだったとはw さすがに何期生という部分まで空で言えるレベルなのは引く…。といいますか、あそこまで勇者へ一目散で周りに構わないとなると、症状的には結構中二病に近いような。色々話が脱線しかけてますが、ふとその辺の話が頭をよぎったので、少し入れてみました。

 とまあ、こんな感じでしょうか。前巻のミスコン回ほど肌色率高い話ではありませんでしたが、話のクオリティとしてはやはりこれくらいのバランスがちょうどいい気がすると、改めて感じました。元々地味な話を描くのが得意という印象がある作家さんですけど、今のところその路線で長く続いてほしいです。
 ただ、問題は、ラストの引き的に次でラストになってもおかしくないというのが…。売り上げもそこまでいいわけじゃないみたいですし、そうならないことを祈ってます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。