コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

終物語 #11 「しのぶメイル 其ノ伍」(ミラー)

 こんにちは、管理人でございます。予定が詰まってたので、珍しく二本目の更新に踏み切ったわけですが、やっぱり時間が無駄にかかってる感が半端ないので出来ればやりたくない…。

 以下、本館からのミラーとなります。向こうでTB送信に失敗しましたら、以下のURLに送信してください。↓


アララギ:「おっと間違えたぜ戦場ヶ原と」
 今回の話は、初代怪異殺しとの対話と神原vs忍を描いた話。気づけば、次回(or次々回)で終わりなこともあって、お膳立てが着々と整ってきてる感じがする今回。ここから先はアララギさんが男を見せるターンってことですかね。

 アララギさんの前に姿を見せた初代怪異殺し。その目的は、忍こと旧キスショットとの和解。そもそもの話として、彼は彼女に酷い言葉を浴びせた挙句、勝手に死んだという恩知らず(?)もいいところなのですが、長い時を経てその時の怒りも静まり、思い直した果ての決断と言う。ならば、何で力づくで奪い取るという方向性に動かないのかと言うと、それもまた理由がありまして、ここ数回ときおりアララギさんの顔に現れていた余接のフットスタンプ…これがまさかの伏線でした。これはいわゆる「マーキング」のようなもので、本人の与り知らないところで守護の力が働いてたんですね。それに気づかなかったアララギさんって一体…。
 で、話を戻して、初代怪異殺しの話。わざわざこのような交渉をしにきたことについて、アララギさんは当然怪しむわけですが、話を聞く限り取り立てて矛盾があるわけでもなく、真意を図り損ねます。とか言ってたら、お茶に仕込んでいたらしい聖水(意味深じゃない方)でアララギさんを殺す気満々だったとか…。エピソードくんが介入してなかったらアウトでしたよ。さらに、その場に臥煙さんも現れ、結局交渉は決裂。あとは予定通り、決闘でケリをつけるしかないと。まあ、これは元々の予定通りなので結論自体はそう問題ないとは思いますが、予定通りに戻ったにもかかわらずアララギさんの性癖を誤解されるという結果ははっきり言って割に合ってない気がw

 という大恥をかきながらも、買い物を終えて北白蛇神社に戻ってきたアララギさん…でしたが、戻ってきたらなぜか神原と忍がドロドロの修羅場を迎えてるという状況に。少し前から状況を静観してた余接に制止される形で隠れて様子を見てると、どうやら忍が初代怪異殺しと会うべきか否かで意見を対立させている模様。頑なに会おうとしない忍に対して、これまた頑なに会うべきだと固辞する神原…怪異相手に一歩も引かない神原ってやはり大物ですよね。それこそ、臥煙さんが評したように「野に放っておくには惜しい人材」というのが改めて提示されたようにさえ思えます。
 つまるところ、初代怪異殺しと会わないことには何も始まらない、これが結論ですか。和解してアララギさんも交えて3人仲良くするのも、アララギさんを捨てて元鞘に収まるのも、最初のきっかけ…つまりは初代怪異殺しを眷属として不老不死の身体にしたのが忍である以上、彼女が責任を取るのが筋。これを一介の女子高生に論破されたというのが何とも情けないところではありますけど、今は幼女だからしょうがないw

 そして、一通り話がついたところで、改めて神原の元へと向かうアララギさん。隠れてたのに盗み聞きされてたのがバレバレとか恥ずかしいw 忍を論破したことといい、確変が止まらないなと思ってたら、最後の最後でまたお馬鹿モードに戻ってしまった神原ェ…。意味合いを考えると、むしろ正しいんでしょうけど、キメ顔で言ってそれとは何とも締まらない。ですけど、結果的にアララギさんの覚悟が固まったので良しと言うことで。余接の加護も解除して、命がけで初代怪異殺しと戦う決意を表明するのでした。


 と言った感じで、第11話。ずっと言ってますけど、傷物語をやらない状態でエピソード君がしれっと出て来てるので「誰だよお前」感が半端ないですね。一応簡単に補足すると、アララギさんとほぼ同類とも言えるハーフヴァンパイアです、彼は。
 それと、もう一つ。やはり初代怪異殺しが中々食えない人物で、どうやっても戦わずに済む方法はなさそうなんですけど、現状を考えるとアララギさんに分が悪いのは明らかで、どうやって勝機を見出すのかが気になるところ。心渡を使うにしても、元々初代の持ち物である以上、おそらく性能は見切られてるでしょうし、アララギさんにしかない武器が何かあるか…。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村 よろしければ、クリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想
ジャンル : アニメ・コミック

このページのトップへ
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

終物語 TokyoMX(12/12)#11

第拾壱話 しのぶメイル 其ノ伍 初代は専門家だけに通じるフットプリント、余接の足型が、  俺の獲物だから手を出すなの意味だから手出ししないと告げる。 キスショットと別れてくれ。 確かに俺は彼女に酷いことを言った。 一言謝って仲直りしたい、共に怪異殺しとして戦いたい。 俺は特別だ、お主の代わりは居るが、俺の代わりは居ない。 暦が、もらったお茶を飲むのを阻止するエピソード。 聖水だったらどう...
このページのトップへ
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

気持ちが高揚しちゃってます!

ちゃんと書き込めていたらいいんですが大丈夫でしょうか?はじめての書き込みなので少し心配です(汗)

あの…インクベーターさんの言葉にすごく引き込まれました、私は伝える作業が下手なもので心底羨ましいです!
自然と好きだなと思いました。

本屋さんでたまたま手にとった本がヒットだった時のような感じというのか(上手く言えずすみません)
いまは幸運から見放されてしまっているかのように、泥沼にハマり込んで抜け出せない感じが続いてしまっていて…。

だけどそんな今だからここに来れたのかもしれないで
す。
もし、もし良かったら私の悩み少し聞いてもらえないですか?
このページのトップへ
このページのトップへ
FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者
リンク
Twitter
ブログ村
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

フリーエリア
『アイリス・ゼロ ドラマCD』 応援バナーキャンペーン
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
ライトノベルBESTランキングウェブアンケート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。